パラダイムトレーダーFXを使うことで

売買のタイミングを全てサインで知ることが出来ます

買いエントリー

買いサイン

【買いエントリーの条件】

:サイン点滅後「青のライン」に抜けた時

 

売りエントリー

売りサイン

【売りエントリーの条件】

サイン点滅後、「赤のライン」に抜けた時

 

この様に、エントリーのルールが定められおり、

チャンスが来ればサインでお知らせしてくれます。

 

「パラダイムトレーダーFX」は

「ラインブレイク」に特化したシグナルです。

適切な条件をクリアした時のみサインが点滅します。

 

pointエントリー前に把握しておくべきことは?

エントリーから決済まで

常勝トレーダー(※いわゆる勝ち組トレーダー)が日々行うこととは、

”トレンドの状態をある程度見極めること”

です

 

また、その日のトレンドがレンジなのか、トレンドなのか、

更に、「売り優勢」「買い優勢」

これによってエントリーするかどうかを判断していきます。

 

「パラダイムトレーダーFX」なら

pointレンジかトレンドかを簡単に判断出来ます

抵抗ライン

【詳細分析】

赤帯・・・売り優勢ゾーン

青帯・・・買い優勢ゾーン

この様に、

高値と安値のゾーンを視覚的に判断出来ます

これは、トレーダーにとっては非常に有利なのです。

 

なぜなら、「高値ゾーン」「安値ソーン」は「レンジ幅」意味します▼

レンジ幅

q1レンジ幅とは?

その日の最安値値と最高値値などからなる特定のレンジの範囲

 

基本的に「ブレイクアウト」を成功させる為には、

「レンジ幅」を突き抜けるかどうかが判断基準の目安となるのです。

 

FXをそこそこ経験していっれば知っている方も多いと思いますが、

動いている相場で「ブレイクアウト」を判断することは経験と知識が必要です。

 

しかし、

point「パラダイムトレーダーFX」を使うことで

初心者でも容易にブレイクのタイミングを判断出来るのです

yaya

パラダイムトレーダー利食いい

 

通貨ペアや、その日の相場の状況にもよりますが、

1回のエントリーで10~50pips以上の利益を確保することも可能です。

エントリーの判断には、やや裁量判断を必要とする場合もありますが、

まずは「基本ルール」を叩き込むことで幾らでも応用が効く世界です。

 

しかし、FXはエントリーするだけでは終わりません。

「含み益」を「確実な利益」に変えていく必要があります。

相場はいきなり急変することも有ります。

 

適度なタイミングで「決済」を行わないと、

せっかく獲得した「含み益」がパーになることもあるのです。

次の章では「パラダイムトレーダーFXの決済のタイミング」について簡単に説明します。

 

ポイント大きく反転する前に「適度なタイミング」で決済!

【エントリーのタイミング】

エントリー  

【決済のタイミング】

決済

上記の決済例は、ドル円121.70⇒118.60までポジションを持った際の決済例です。

丁度、「ブラックマンデー」の際に起こった暴落トレンドでの実践例です。

 

point上下2本の「線」「帯」抵抗を意味しているので

反発の兆候があれば決済する

 

初心者の方には少し難しいかもしれませんが

2週間~1カ月も練習を繰り返せば自然とコツを覚えると思います^^

難しく考えずに、まずは基本ルールを参考にトライしてみて下さいね☆彡

パラダイムトレーダーFX詳細へ