point逆指値エントリーで+18pipsゲット!!

こちらは「パラダイム・トレーダーFX 」のチャートを使って

「逆指値エントリー」でトレードした結果になります

S9月22日+18pips

【検証通貨ペア】

ポンド円

【獲得利益】

+18pips

187.020⇒107.200(ロング)

 

パラダイムトレーダーFXは、上下2本の抵抗ラインを自動で引いてくれるので、

逆指値エントリーを仕掛けるのに非常に適しています

pointoパラダイムトレーダーFXの公式ページはこちら

 

FXで継続的に利益を確保して行く為には

基本的にトレンドに逆らわないことが

勝敗のカギを握ると言っても過言ではありません。

 

エントリー前に「買いサイン」を確認出来ますね。

S9月22日+18pips買いサイン

↑この「買い矢印サイン」は、上昇トレンド発生を意味するもの。

最終的に逆指値エントリーを使い+18pipsの利益を確保しました。

S9月22日+18pips結果

 

通常、「逆指値」という言葉は損切りで使うイメージが強いと思いますが、

逆指値を上手く順張りで使うことも可能なのです。

 

では逆指値エントリーはどのようなタイミングで仕掛けるのか?

詳しくご説明しましょう。

 

point「逆指値エントリー」はトレンド相場において効力を発揮します

逆指値エントリー

「逆指値エントリー」は、順張りで活用するトレード戦略です。

今のレートよりも高い・安いレートで順張りで入りたい時に使います

 

仮に現在のレートが「買い優勢」「売り優勢」であっても

抵抗線で跳ね返る可能性が高くなるので、

エントリー前に必ずその日の抵抗線(※前日の最安値・最高値など)を、

有る程度把握した上でトレード戦略を練ることで失敗が少なくなります。

 

point2本の抵抗ラインは「抵抗ライン」の大きな目安となります

レンジ幅

 

パラダイムトレーダーFXは、「赤」「青」の抵抗ラインが自動描写されます。

上下の赤と青の抵抗ラインを抜けるとブレイク発生率が高くなります

 

この為、レンジ幅内でエントリーするよりも、ブレイクに乗れる可能性が高まるのです

※パラダイムトレーダーの基本エントリーパターンはこちら▼

売買のタイミングは全てサインでお知らせ、エントリー~決済までの流れについて

 

尚、パラダイムトレーダーFXで「逆指値エントリー」を仕掛けるとしたら

以下が基本パターンとなります

arrow_orange【パラダイムトレーダーFX逆指値エントリー戦略例】

逆指値戦略パターン

上下2本の抵抗を突き抜けることで「ブレイク」が起こり易くなり

トレンドに乗り易くなります。

 

パラダイムトレーダーFXはラインブレイクに特化したツール。

その日の重要ラインを視覚的に確認出来るので

「逆指値エントリー」を仕掛けるタイミングが一目瞭然です。

 

逆指値エントリーを使うメリットとは?

「逆指値エントリー」に限らず、予め指定のレートに注文を入れておくことで

チャートに四六時中張り付いている必要が有りません

規定のレートに到達すれば、

ほったらかしでも利益が確定します

 

もちろん、何らかの原因で約定せず、損切りで終わることもありますが

逆指値エントリーとは、本来相場の特性を生かした戦略トレードです。

投資において常に心がけることは、

”根拠の有るトレードの繰り返しが重要”

 

FXは決して「順張り」のみで入ることが戦略ではありませんが、

ダウ理論にもある様に

”一度トレンドが発生すると、明確なサインが現れるまで

そのトレンドは継続する”

という相場の特性を生かしたものが「パラダイムトレーダーFX」なのです。

きちんとロジックを理解することで有効な戦略アイテムとなります

 

パラダイムトレーダーFX詳細へ